投資について計画を立てている様子

投資信託では広く人々からお金を集めて投資のプロに運用してもらいます。
プロが国内、海外の株式や債券を選択して運用します。
色々な金融機関で買うことができ証券会社、銀行や信用金庫で購入できます。このような投資信託を販売している会社を販売会社といいます。
株が上昇していることを話し合っている人たち大体1万円から買えるものが多いです。
いつでも好きな時に注文することができる追加型と、募集期間が決まっている単位型の2種類あります。
基本的にはいつでも解約できますが、途中で解約することのできない期間があるものもあります。
投資信託はその会社のファンドマネージャーが運用します。
その運用資産は受託会社である受託銀行が預かります。
そのため投資信託会社や販売会社が倒産したとしても、その資産がなくなることはありません。
また、受託会社が倒産してもその運用資産は別に管理されているのでなくなることはありません。
投資信託には色々な手数料が掛かってきます。
その中でも販売手数料と信託報酬は大きいものとなっています。
販売手数料はそれを買う際に掛かる手数料です。
販売手数料の掛からないものもありそれをノーロードファンドと呼びます。
信託報酬は運用に掛かるものと報告書を作成することなどの事務に対するものとして掛かってきます。
運用資産の数%という場合が多いです。
信託報酬の掛からない会社もあります。
基本的には元本保証ではないです。
株取引やFX取引に比べてリスクは少ないかもしれませんが、元本割れの可能性のある商品です。
そのため過去の実績を調べて納得のいくものを選択しましょう。
また、株取引やFX取引のように大きく儲かるものではありませんが、自分で運用するのではなくプロに運用してもらえるので
そこはうまく利用することが賢明です。