投資信託の購入方法を知ろう

口座

投資信託は、それを販売している金融機関で購入します。
販売を認められている金融機関としては銀行や証券会社などがあります。
多くの人はこの二つを通して購入することになるでしょう。
購入すると言っても何かものを買うわけではありませんから、実際には購入した投資信託を管理してもらうことが必要になります。
そのために、口座開設をします。
これは銀行でも証券会社でも同じで、まず口座開設が必要です。
例えば銀行の場合、普通預金口座を開設するのではなくて、投資信託用の口座を開設します。
普通預金の口座とは別ですから注意が必要です。
すでに利用している銀行がある場合には、預金口座を開設していることと思いますが、その場合であっても別に口座開設をします。
その際に定められた手続きが必要になることもあります。
口座開設の手続きはインターネット上で行えることもあります。
最近ではネット証券を中心に、インターネット上ですべてが完結するサービスを提供していますから、これらを利用すると便利です。
口座開設をするときには身分証明書の提示が必要となります。
口座が開設できれば、次に入金が必要になります。
投資支度を購入するための資金を口座に入金します。
窓口で現金を渡したり振り替えたりすることもできますし、振り込みで入金することもできます。
これらを利用して必要な金額を入金しましょう。
必要な資金を入金すれば、すぐに投資信託を購入することができます。
窓口で購入する場合、どの商品が欲しいのかを指定すればすぐに購入することができるでしょう。
またインターネット上でも簡単に購入することができます。
インターネット上であれば自宅にいながらでも購入できますから非常に便利です。